ヘルペスの種類とそれぞれに対する治療法を学ぶ

ヘルペスはひとつじゃない

narcotic

いつのまにか、唇に水ぶくれができてヒリヒリとした痛みや、外から見ると痛々しい状態になっている時があります。ヘルペスは現在の医学では根治は困難とされていて、薬を服用して症状を抑えることが大切だと言われています。ヘルペスと言っても、8種類のヘルペスウイルスに感染することがあり、体の至る所に発症します。この症状の中で多いのが水ぶくれです。他には口唇にできる単純ヘルペスウイルス1型や、性器周辺にできる単純ヘルペスウイルス2型などがあります。いったん感染すると、症状が治まった後も身体の奥深くに潜んでいます。疲れやすい人やストレスを感じやすい人は感染しやすいので注意が必要です。治療薬は医師に処方されたものだけではなく、最近では市販でも販売が認められています。

以前、抗ヘルペス薬は医療機関でしか処方が認めていなかったのですが、政府による規制緩和により、一定条件のもとで市販でも売ることうを認めています。市販薬では、軟膏やクリームなどの外用薬に限り購入できます。一方、飲み薬は病院でしか手に入れることができません。皮膚の症状だけでなく、神経細胞にいるウイルスの増殖を抑える効果があります。抗ヘルペスウイルス剤には、ジェネリック薬品があります。新薬の開発には費用が掛かります。その新薬の特許が切れた後に発売されるのがジェネリック薬品です。同じ成分で同じ効果があり、価格も安くなっています。個人輸入代行業者を利用して、インターネット通販で手軽に購入できるようになっています。

特に多い症状

sleeping draught

ヘルペスにはいくつもの種類がありますが、特に報告が多いものとして、性器ヘルペス、口唇ヘルペス、水疱瘡があります。少なくともこれらに関しては症状および治療法を知っておくべきでしょう。

More

早期治療を心がける

medicament

ヘルペスはどれだけ早期治療に取り掛かれるかで、症状の進行具合も大きく変わってきます。現在は治療薬を用いることで充分に完治させることが可能な病気ですので、少しでも異変を感じたら医師に相談するようにしましょう。

More
multicolored pharmacy

性器ヘルペスに関する知識

 anaesthetic

性器ヘルペスは性行為を感染経路として感染・発症するものです。初期症状を知っておくだけでも、急に発症して際に対処しやすくなります。主な治療法として投薬治療が用いられており、症状によってその内容は変わってきます。

More