ヘルペスの種類とそれぞれに対する治療法を学ぶ

早期治療を心がける

medicament

ヘルペスという病気は性器だけではなく口の周辺に発生することもあります。早期に治療を行うことで症状が悪化するのを防ぐことができます。このときにはいくつかのポイントがあります。口唇ヘルペスと呼ばれるものがありますが、口の周辺が赤く腫れて水疱が発生するようになっています。症状を悪化させないためには自己判断や放置をしないようにすることが基本です。潜伏したウイルスが風邪や発熱、このほかにはストレスや疲労や紫外線や免疫力低下というようなことが原因となって再活性化するようになっているので、体調を崩さないように注意をすることが大切です。バランスの取れた食事を心がけるようにします。ストレスをためない生活をすることも大切です。

性器にヘルペスが発生することがありますが、この場合次のような治療が行われています。性器ヘルペスの治療に関しては、抗ウイルス薬を使った薬物治療がメインとなっています。薬を使うことでウイルスを完全に殺すと言うことはできませんが、ウイルスが増殖したり再発する可能性を低くすることができます。これによって治療の期間が短縮されて回復が早くなります。塗り薬だけで治療が行われると言うことはありません。これらは補助的なものと考えられています。症状が軽い場合には軟膏が処方されることもありますが、これは皮膚が炎症を引き起こしているところに対して効果を発揮します。したがって身体の中のヘルペスウイルスを抑制するときには、内服薬のほうが効果は高いと考えられています。