ヘルペスの種類とそれぞれに対する治療法を学ぶ

特に多い症状

sleeping draught

ヘルペスウイルスが原因で発症する病気といえばヘルペスとなっていて、この病気はたちの悪い病気の一つとして知られています。幅広い年齢層の間で発症するため日頃から気をつけていく必要があり、特に子供や高齢者の方は免疫が低いため完治するまでに時間がかかる場合もあります。ヘルペスウイルスには種類があり、8種類のウイルスが存在していてウイルスによって症状のでかたも事なる特徴を持っています。そのため、今でも実験や調査が行なわれ新型ウイルスの発見に力を入れつつ、新しい治療方法の考案も行なわれています。気をつけたいのが口唇ヘルペス・性器ヘルペスとなっていて、感染率も高めであり症状も酷くでる場合もあるため警戒する必要があります。

代表的なヘルペスについては口唇ヘルペス・性器ヘルペス・帯状疱疹の3つとなっていて、症状のでかたも異なっています。口唇ヘルペスの症状については口や唇周辺にあかいぶつぶつができたり、腫れが起きたりします。他にも水ぶくれが発生して痒みや痛みが起きたりする事もあるため、注意が必要となります。性器ヘルペスに関しては性器に痒み・水ぶくれ・痛み・腫れ・ただれ等が起きたりする特徴を持っていて、排尿困難になったり高熱を出したりする事もあるため大変厄介な病気です。帯状疱疹については上半身の左右のどちらかに赤いぶつぶつができたり、潰瘍や腫れがでてきたりします。水疱瘡に近いような感じで症状が発生するため、私生活に支障をきたす事もあります。症状が多いこの病気ですが、病院で診療を受ければ治す事が可能であり、抗ウイルス薬や軟膏・クリーム等を使った薬物療法を中心に治療を行っていく事になっています。治療費については保険適用される場合とされない場合もあるため、料金に多少変動があったりします。性器の部分にできてしまった場合は精密検査も必要となるため、それなりに治療費がかかります。